DHA課長
100種類以上のDHA・EPAサプリを比較して本当におすすめできるものを検証!

asahi-dha1

大手飲料メーカーであるアサヒが販売する「青魚DHA」を購入して検証レビューしていきます。

「青魚DHA」の特徴は、DHAなどが属するn-3系脂肪酸をトータル的に補えるところです。

多くのDHAサプリメントは、DHA・EPAでn-3系脂肪酸を補う形ですが、「青魚DHA」はそれに加えα-リノレン酸を配合し、現代の日本人に不足していると言われるn-3系脂肪酸をしっかり補えるようになっています。

α-リノレン酸は、体内でDHAやEPAに変換されることで知られている成分なので相性も抜群と言えます。血流のドロドロが気になる人や動脈硬化を心配してDHAサプリメントを探している人に、「青魚DHA」は魅力的な商品と言えそうです。

アサヒ「青魚DHA」が期待通りの商品か、実際に購入して確認していきます。

α-リノレン酸はDHAサプリメントに必要なの?

α-リノレン酸がn-3系脂肪酸ならDHAの配合量を増やしてくれればいいのでは?という疑問があると思います。

体内では同じような働きをするわけですし、確かにn-3系脂肪酸のトータル量を増やすという点から考えるとDHAの配合量を増やせばいいと考えられます。

しかし、同じような働きをすると言っても得手不得手があります。アレルギーなどの原因になるリノール酸の摂り過ぎなどに対しては、α-リノレン酸が競合的に働くのでDHAを摂るより効果的です。

健康ということを考えると、DHAやEPAに限らずバランス良くn-3系脂肪酸を摂る必要があるわけです。

それとは逆に、考え方によっては全く必要ないとも考えられます。

α-リノレン酸が身体に良いと注目されてる理由の一つが、体内でDHAやEPAに変換されると言われていることです。

ほとんどの商品の宣伝文句などでは、「体内でDHAやEPAに変換されるα-リノレン酸配合」となっています。DHAに変換されるのは分かっているのですが、実際に体内でDHAやEPAに変換されるのはごくわずかです。

ISSFAL(国際脂肪酸・脂質研究学会)も「摂取後体内でDHAへの変換が必要なα-リノレン酸やEPAなどのサプリメントでは血中のDHA濃度を改善することはできない」と公式発表しています。

そのため、α-リノレン酸にはDHAと同様の効果を期待できないので、DHAサプリに配合する必要はないとも考えられます。

α-リノレン酸は酸化に弱く熱にも弱いので、サプリメントでの摂取が有効な成分です。DHAのかさ増しとは考えず、相性の良いプラスアルファの有効成分と考えるのが賢明です。

DHAの配合量が多いのは基準量の違いから

asahi-dha3

アサヒの「青魚DHA」には、DHA500mg、EPA100mgα-リノレン酸100mgと合計700mgのn-3系脂肪酸が配合されています。DHAサプリメントとしては比較的多い量ですね。

一般的にDHAなどn-3系脂肪酸の1日の摂取量は1,000mg以上と言われているので、多くのDHAサプリメントではその3分の1程度のDHA・EPAが配合され、充分補えると宣伝しています。

この基準からいくと、「青魚DHA」には倍近くのn-3系脂肪酸が配合されていることになります。n-3系脂肪酸も摂ればとるほど良いというわけではなく、過剰摂取はお腹を下したり血圧を低下させる可能性もあります。

「青魚DHA」では摂り過ぎになってしまうのでは?と思うかもしれませんが、そのような心配は無用です。

n-3系脂肪酸の目安摂取量

n-3系脂肪酸の1日の摂取量が1,000mgというのは最低摂取量のことを言っています。最低限このくらいは毎日摂るようにしましょうという最低値です。

実は厚生労働省が発表しているn-3系脂肪酸の1日の目安摂取量は、成人で1,600mg~2,400mgです。男女や年齢によって多少の差がありますが、これくらい毎日摂っておけばn-3系脂肪酸不足で健康に影響することはないという数値です。

「青魚DHA」はこの数値を基準に、不足を補うためには700mgは必要ということで有効成分が配合されています。

アサヒ「青魚DHA」を購入しました

asahi-dha4

「青魚DHA」のパッケージに「アサヒの健康通販限定」と記載があるように、公式通販ショップである「アサヒの健康通販」でしか販売されていないと思ったのですが、楽天では「アサヒカルピスウェルネスショップ」で取り扱われていました。

アサヒ系列なので販売額は同じで、1袋30日分150粒入りで税込1650円。ただ、送料に違いがあり、アサヒの健康通販では一律315円ですが、ウェルネスショップでは一律540円です。

今回は送料の安いアサヒの健康通販で購入しました。注文時に会員登録をしなければならずちょっと手間ですが、定期購入だと10%の割引もあるので、楽天で購入するより便利です。

注文後2日でヤマト運輸で到着。対応は非常に迅速に行われています。

箱の中には商品の他、お届け明細、挨拶状、定期購入の案内、通販カタログ、「さんさんと」という会報が同梱されています。

チラシがいっぱい入っているわけではなく最低限の案内もコンパクトにまとめられているので、このあたりはさすが大手といった感じです。

「青魚DHA」を飲んで臭いや味を確認

「青魚DHA」の臭いや味を検証していきます。

パッケージを開けた時の魚臭さなどは感じられません。袋の中の臭いを嗅ぐと少しエビなどの甲殻のような臭いがしますが、他のDHAサプリメントと比較してもかなり抑えられています。

1粒は大豆くらいの大きさで、α-リノレン酸を配合するためのシソ油が含まれているとは思えないほど、きれいに透き通った黄色をしています。

手に取り出して臭いを嗅いでも、全く魚臭さはありません。口に含んでも味はなく、なんとなくカプセルの甘みが感じられるくらいです。

これなら魚が苦手でDHA不足を感じている人でも安心して飲めます。

ただ、唯一気を付けた方がいいと思ったのはゲップです。サプリを飲んでしばらくしてからゲップが出た時に魚臭さを感たので、魚が苦手という人はゲップにが出ないように工夫して飲んだほうがいいですね。

アサヒ「青魚DHA」の総合評価

DHAの配合量、トータルでのn-3系脂肪酸の配合量、お手ごろ価格とさすが大手のアサヒが作ってるだけあるといった印象の「青魚DHA」です。

特に魚が苦手でほとんど食べないという人には、n-3系脂肪酸の多く配合されている「青魚DHA」は好評価になります。

しかし、DHAの働きに特化して考えると、やはりα-リノレン酸ではなくDHAを少しでも多く配合してくれる方が効率よく効果が見込めます。

α-リノレン酸はあくまでもα-リノレン酸

確かにα-リノレン酸を配合することで、DHAサプリメントとしても特別感が生まれます。プラスワン成分が入っていると認識してしまうからですが、α-リノレン酸が持ちあげられているのは体内でEPAやDHAに変換されると信じられているからです。

でも実際のところはほとんど変換されませんし、DHAであれば変換する手間もないわけです。これが他の成分のサプリメントに配合されているならわかりますが、DHAサプリメントに配合する意味はあまりないですね。

DHA・EPAを補うのに十分な配合量ではあるので、あまりα-リノレン酸に期待せずに購入するのはいいかもしれません。

DHA
(1日)
500mg EPA
(1日)
100mg
定価 1,650円 最安値 1,485円
1日のコスト 55円 容量 150粒
飲みやすさ ソフトカプセル 返金保証 なし
DHAの吸収性 なし
魚臭さ・口臭 ゲップ時に戻り臭あり
抗酸化成分 ビタミンE

今口コミで売れてるDHAサプリを検証

  • きなり

    サラサラ成分豊富で評価1位
    さくらの森 きなり
    DHA・EPAの十分な配合に加え、クリルオイル、納豆キナーゼなど栄養機能表示された成分を摂取できるサプリです。

  • UMIDHA

    脳に作用する特許を取得
    UMI-DHA・EPAアセチルグルコサミン
    DHA・EPAサプリの中でも、記憶学習に有効とする特許を取得している成分を配合しているサプリ。

  • 大正DHA・EPA

    大手製薬会社のDHAサプリ
    大正DHA・EPA
    大正製薬が作るDHA・EPA配合量の多いサプリメント。鹿児島水揚げカツオの魚油のみを使っているのもポイントです。

スポンサードリンク

sponserlink