DHA課長
100種類以上のDHA・EPAサプリを比較して本当におすすめできるものを検証!

Fat business man with a big belly

中高年になると、何かと気になるのが中性脂肪ですよね。

  • 健康診断で数値が上がってきた
  • お腹周りがきつくなってきた
  • お酒でお腹がぶよぶよになってきた

こんなことがきっかけで、誰もが一度は中性脂肪を意識したことがあるのではないでしょうか?

中性脂肪はそもそも人体のエネルギー源なので、無くてはならない存在でもありますが、余剰な中性脂肪は無いに越したことはありません。

DHA・EPAは血中中性脂肪を減らし、内臓機能の維持や生活習慣病の予防・改善などに効果的に働きます。

このDHA・EPAの働きは、国も認めているほど確かなものですが、摂ってすぐに効果があるというものではありません。日常的にDHAを摂るようにする生活習慣が大切です。

中性脂肪が溜まってから改善するのは大変で時間がかかりますし、中性脂肪過多は生活習慣病を引き起こして命の危険も生じかねません。

DHA・EPAをうまく活用して、中性脂肪を減らしていきましょう。

DHA・EPAを摂ると本当に中性脂肪が減るの?

「DHA・EPAを摂ると中性脂肪を減らす効果がある」とは良く聞きますが、「ホントのところはどうなの?」とお疑いの人も多いかもしれませんね。

最近ではちょっとした可能性だけでテレビや雑誌に大々的に取り上げられて、実際のところは大した効果がなかったということも多いですからね。

しかし、DHA・EPAが中性脂肪を減らすということに関しては、効果が期待できます。

DHA・EPAが中性脂肪を低減することは、数々の臨床試験が行われ科学的根拠も得られていますし、何より国家機関も機能性評価をしています。

DHA・EPAは特定保健用食品(トクホ)としても認められる成分で、トクホとして認められた商品には「中性脂肪を減らす」と表示することが認められています。

これは、消費者庁が効果を認めていることになりますし、この判定をするために消費者庁自身でも効果を裏付ける調査を行っています。その調査で消費者庁は、DHAやEPAの「血中中性脂肪低下作用」に最高評価のA判定をしています。【参考】消費者庁DHA機能性の評価結果

中性脂肪が問題になるのは、余剰な中性脂肪が多量になってしまった時です。

中性脂肪は人間が活動するための大切なエネルギー源なので、人間の体には飢えなどに備え余分な糖質を中性脂肪に再合成して溜め込む機能が備わっています。

DHA・EPAは中性脂肪の再合成を抑制したり、血液中の中性脂肪をスムーズに運びだすことで、中性脂肪を減らす効果があります。

中性脂肪が増えて引き起こす病気

s-pic_g171

中性脂肪は貯蓄型の脂肪です。余剰な中性脂肪は万一に備え、皮下や内臓に蓄積されていきます。皮下に溜まれば肥満になりますが、内臓脂肪として溜まると臓器の機能障害の原因になります。

どちらにしても過剰な中性脂肪の蓄積は、重篤な病気を引き起こすことになりかねません。

内臓脂肪は余計な脂肪が内臓に蓄積されるため、臓器が機能しにくくなります。ちょうど皮下脂肪が増えて、身体が動かしにくくなるのと同じです。

中性脂肪は肝臓で合成されるので、特に肝臓には溜まりやすく脂肪肝になり、肝機能障害が起こりやすくなります。肝臓は有害物質の解毒や脂肪の消化・吸収を助ける胆汁の分泌、代謝などを担う臓器なので、肝機能障害が起きると血液がドロドロになってしまいます。

iStock_000045268294_Small

そのまま放置すると肝硬変や肝がんなど、肝臓自体の病気も心配されますが、血液がドロドロになることで動脈硬化を引き起こし、高血糖や高血圧、脂質異常など生活習慣病になってしまうことが考えられます。

そして動脈硬化は生活習慣病のみならず、心筋梗塞や脳梗塞など命にかかわる病気へ発展する恐れがあります。

最近ズボンがきつくなってきたとか、健康診断の数値が上がってきたなど、気になることがあれば要注意です。「まだ平気」などと安易に考えず、意識的にDHAを摂るようにするだけでも結果は大分変ってきますよ。

中性脂肪を減らすDHA・EPAの効果的な摂取量と摂取方法

DHAの1日の目標摂取量は、EPAと合わせて1,000㎎です。あくまでも「最低限これくらいは摂りましょう」という目安なので、中性脂肪の気になる人は1.5倍くらいを目標にDHAを摂るようにしていくと効果的です。

DHA・EPAは青魚に多く含まれている成分なので、日常的に魚を食べるようにするのがいいのですが、出先で食事をすることも多いですし、毎日調理する時間的余裕のない人もいると思います。根本的に魚が苦手という人も多いですね。

Fish liver oil capsules in bottle with stethoscope isolate on wh

魚を同じ量食べても、調理法によって実質的にDHAの摂れる量は変わってくるということもあり、毎日1,000mg以上のDHAを摂り続けるのは意外に難しいものです。

そのため、DHA・EPAはサプリメントで補うのが有効です。もちろん、日々の食生活は考える必要はありますが、サプリメントならDHAやEPAの配合量の記載もあるので管理しやすいですし、成分の変質などを気にすることなくまとまった量を摂れるという利点があります。

サプリメントに抵抗を感じる人も少なくないですが、トクホのお茶などは飲んだことありませんか?幸いDHAサプリメントにも栄養機能食品に認定されているものは数多いですし、トクホ認定されているドリンクタイプのものもあります。

信頼のおける商品も多く販売されているので、上手く利用するのが中性脂肪を減らす近道です。DHAはEPAと一緒に摂ると相乗効果が得られるので、両者をバランス良く摂るようにしていきましょう。


今口コミで売れてるDHAサプリを検証

  • きなり

    サラサラ成分豊富で評価1位
    さくらの森 きなり
    DHA・EPAの十分な配合に加え、クリルオイル、納豆キナーゼなど栄養機能表示された成分を摂取できるサプリです。

  • UMIDHA

    脳に作用する特許を取得
    UMI-DHA・EPAアセチルグルコサミン
    DHA・EPAサプリの中でも、記憶学習に有効とする特許を取得している成分を配合しているサプリ。

  • 大正DHA・EPA

    大手製薬会社のDHAサプリ
    大正DHA・EPA
    大正製薬が作るDHA・EPA配合量の多いサプリメント。鹿児島水揚げカツオの魚油のみを使っているのもポイントです。

sponserlink