DHA課長
100種類以上のDHA・EPAサプリを比較して本当におすすめできるものを検証!

DHA・EPAが体にいいのは知ってるけど、魚がダメでサプリのニオイすら受け付けない、もしくは魚アレルギーがあるという人でも安心して飲めるのがフラーガンです。

フラーガンは、オメガ3脂肪酸に分類される「亜麻仁油」を主成分としているのが特徴。亜麻仁油に含まれるα-リノレン酸は体内でDHA・EPAに変換される物質であり、魚がダメな人でも必須の栄養素を補給できるサプリメントになっています。

フラーガンの公式:(株)インフィニのサイト

sponserlink



フラーガンは原料オイルのみで安心して飲めるサプリ

まずはフラーガンが安心して毎日飲めるサプリであるかを調べてみました。サプリメントの製造はGMP準拠の工場で生産されており衛生管理は問題ありません。

フラーガンの配合原料は、食用フラックスシードオイル(アマニ油)、食用アルガンオイル、ゼラチン、グリセリンのみとなっており、添加物や着色料など懸念すべき材料が一切使われていないサプリメントです。

フラーガンは一粒一粒が濃い黄色をしており亜麻仁油独特の色合いを見せています。

サプリメントはよく見るソフトカプセルタイプですが、植物オイル由来ということもあってニオイは一切しません。DHAサプリはどうしても魚臭さが残ってしまうものが多いのですが、ニオイが嫌で飲めなかったという人でも気にせず飲めるサプリです。

フラーガンに使われる2種類のオイルの効果と役割

亜麻仁油は植物オイルの中でも最もオメガ3脂肪酸の配合量が多いことから、スーパーフードなんて呼ばれてTVなどでも紹介されているのを見かけます。

魚の油以外の選択肢として、植物(ゴマ、オリーブ、トウモロコシ油など)にも多くのオメガ3脂肪酸が含まれます。しかし、そのほとんどは微量で不足しているとされる毎日の摂取目安をカバーできるほどではありません。単純に栄養価で評価するのであれば、亜麻仁油の右に出るものはないということです。

フラーガンを飲むことで1日4粒当たりに摂取できるα-リノレン酸は623.8㎎あります。

エネルギー 15.45kcal
たんぱく質 0.53g
脂質 1.41g
炭水化物 0.15g
ナトリウム 1.16mg
α-リノレン酸 623.8mg

αリノレン酸は体内でDHA・EPAに合成される栄養素ですが、正直なところどれくらいの量が変換されているかはわかっていません。同じオメガ3系の必須脂肪酸といえども、DHA・EPAを摂るならば魚の油が最も効率が良い事実も知っておきましょう。それだけに、単純な油の量に換算したαリノレン酸の含有割合は重要になってくるわけです。

良い油だからと、やみくもに油だけたくさん飲んでは健康に良いとは言えません。αリノレン酸を特に多く含んでいる亜麻仁油が優れているのはちゃんと理由があるということです。

もう一つの成分である食用アルガンオイルは、2つの役割を与えられて配合されています。

まずアルガンオイルはビタミンEがオリーブの5倍以上含まれるほど、抗酸化力が強いオイルです。美容オイルとして肌に塗ることで、乾燥から守ってくれますが、飲むことで体内からも豊富なビタミンEを摂取できます。

もう一つ、アルガンオイルの高い抗酸化力を生かして、酸化に弱い亜麻仁油の品質劣化を防ぐ効果もあります。オメガ3脂肪酸は劣化しやすく、空気に触れると栄養価が損なわれます。サプリとして家に保管してるだけでも劣化していくため、アルガンオイルの力で守っているということ。

抗酸化成分としてアルガンオイルを使っているのはフラーガンが初であり、美容効果と品質維持を両立させているのは面白い発想だと思いました。素材が持っている効果を一切犠牲にすることなく、一つのサプリメントとして完成している機能美を感じさせます。

フラーガンは高い?成分に見合った価格だが買う前によく確認

フラーガンは1袋・1か月分で¥7,960円

  • 初回購入時に定期購入を申し込むことで、割引価格¥1,980円
  • 定期割引で2か月目以降¥4,980円という価格になっています。

15日間の返金保証があり、定期購入も初回から解約OKとなっているので、通販でよくある定期解約できないなどの心配はありません。販売方法としては初めて買う人に対して良心的な対応をしてくれていることが分かります。

価格に関しては評価が難しいですが、素材の価値相応の価格設定であると判断します。

一般に量が多く取れる魚の油と異なり、亜麻仁油は大量生産が難しいオイルです。フラーガンに使われている亜麻仁油は、オーストラリアのオーガニック製品基準であるNASAA認定を受けたもの。オーガニック製品に馴染みがない人だと??ですが、審査が非常に厳しいことでしられる安全性の権威機関です。この基準を満たした亜麻仁油を輸入して使っているということ。

もう一つ配合されるアルガンオイルもオーガニック食品の基準を満たしています。アルガンオイルは肌に塗ったりする用途は多いですが、食用となるとまた別の厳しい基準があるということ。毎日飲むサプリメントとしての安全性を考えるとこの素材チョイスは安心できるものであり、その分が価格に反映されているということです。

DHA・EPAを合成するに必要なαリノレン酸を多く含む商品が出てくるのは、健康を意識している人に多くの選択肢を提供してくれるということで歓迎すべきことです。
フラーガンは魚アレルギーでDHAサプリが不安だったという人はもちろん、寒い季節の乾燥や冷えなど季節の変化に弱いという人にも、2つの美容オイルが効いてくれるサプリメントです。

フラーガン公式サイト


今口コミで売れてるDHAサプリを検証

  • きなり

    サラサラ成分豊富で評価1位
    さくらの森 きなり
    DHA・EPAの十分な配合に加え、クリルオイル、納豆キナーゼなど栄養機能表示された成分を摂取できるサプリです。

  • UMIDHA

    脳に作用する特許を取得
    UMI-DHA・EPAアセチルグルコサミン
    DHA・EPAサプリの中でも、記憶学習に有効とする特許を取得している成分を配合しているサプリ。

  • 大正DHA・EPA

    大手製薬会社のDHAサプリ
    大正DHA・EPA
    大正製薬が作るDHA・EPA配合量の多いサプリメント。鹿児島水揚げカツオの魚油のみを使っているのもポイントです。

スポンサードリンク

sponserlink