DHA課長
100種類以上のDHA・EPAサプリを比較して本当におすすめできるものを検証!

jintan

森下仁丹が販売している「DHA/EPA」。1日分の推奨摂取量で、厚生労働省が発表しているオメガ3系脂肪酸の1日最低摂取量1,000mgを補えてしまうということで、実際に購入してみました。

私の中で仁丹と言えば、銀色の小さいつぶつぶのイメージが強く、子供の頃に大人が持っていたのをお菓子と勘違いして食べていました。

実際には今で言うオーラルケア商品だったのですが、おいしく食べていた記憶があります。

今でも小さいつぶつぶは健在で、この「DHA/EPA」も仁丹と同じ様な極小カプセルの小さい粒の顆粒状になっている珍しいタイプのサプリメントです。

現在では化粧品や食品なども手掛けていますが、医薬品などの製造販売を行う森下仁丹、特に昔からのノウハウを応用した小さい粒の性能には期待できそうです。

酸化に弱いDHA・EPAには耐酸性カプセル

jintan3

森下仁丹「DHA/EPA」を最初に見た時は、単に森下仁丹の商品だから顆粒状に形成されているのかと思ったのですが、どうやら違うようです。

森下仁丹から発売されている全ての商品が顆粒状というわけではなく、粉末やタブレット、通常のソフトカプセルなど、栄養素の特性に合わせた形状で製造されています。

サプリメントメーカーではどんな栄養素でも同じカプセルに詰めたものが多いですが、医薬品製造なども手掛ける森下仁丹ならではのこだわりと言えますね。

「DHA/EPA」に採用されているのは、極小の「耐酸性カプセル」と言われる森下仁丹の独自カプセルです。

DHAサプリメントで一般的に用いられるソフトカプセルは、縦半分のものをつなぎ合わせてカプセルにするので継ぎ目があります。そのため少ないながら空気が入り込み、内容物の酸化の可能性があります。

DHAやEPAといったオメガ3系脂肪酸は酸化に弱い成分なので、多くのDHAサプリメントでは抗酸化成分を配合して酸化を防ぐ工夫をしています。

森下仁丹の独自カプセルは、内容物をコーティングするような形で形成されるので、継ぎ目がなく酸化の心配がありません。

sp-dha_img5
画像は森下仁丹DHA/EPAサプリ公式ページより

さらにDHAなどの栄養素は腸から吸収されるので、胃酸で溶けてしまわないような工夫がされた腸で溶けるカプセルになっています。

成分を変質させずに、しっかり体内に吸収させるための工夫がされているということで、さすがに安心感がありますね。

森下仁丹「DHA/EPA」の有効成分配合量

jintan4

森下仁丹「DHA/EPA」は、スティックに個別包装されていて、1日の推奨摂取量が1~3包となっています。1箱90包入りなので、1日3包飲むとちょうど1ヶ月分となります。

1日3包飲んだ場合、DHA900mg、EPA100~465㎎、合計で1,000mg以上の有効成分を摂ることができます。DHAサプリメントでこれほど配合されている商品は希少です。

1日1,000mgというと、厚生労働省が1日最低これくらいのオメガ3系脂肪酸を摂るようにと勧めているのが1,000mgです。それが森下仁丹の「DHA/EPA」だけで補えてしまいます。

過剰摂取になるのでは?

過剰摂取を心配する人も出てくると思いますが、1,000mgというのは最低量です。厚生労働省もオメガ3系脂肪酸の不足による健康への影響を受けないためには、毎日成人男性で約2,000mg、女性で約1,600mgの摂取を勧めています。【参考】日本人の食事摂取基準(2015 年版)

1日1,000㎎を森下仁丹「DHA/EPA」から摂ったとしても、過剰になるということはよほどのことがない限りありません。魚が食べれない人や、より健康診断の数値が気になる人は検討すべきサプリともいえます。

EPAの配合量が100~465mgと幅があるのが気になって、森下仁丹に問い合わせてみました。オペレーターの人がすぐに答えたので、このような疑問を持っているのは私だけではないようです。

「天然の原料を使用しているので、季節によってEPAの配合量にムラができる」とのことでした。そうなると、DHAは安定するの?と疑問に思ったので尋ねてみると、「DHAは安定的に取り出せる」とのことでした。

確かに天然の魚から抽出した魚油をそのまま使用しているのであれば、漁獲場所や時期によってムラができるのもわかります。

しかし、DHA・EPA共に幅ができるならわかりますが、EPAだけというのは疑問が残ります。使用されているのは精製魚油ですし、成分の調整ができなければ、これほど多くのサプリメントごとに配合割合が変わるということもないような気がしますね。

森下仁丹「DHA/EPA」の口コミレビュー

jintan5

楽天やAmazonにも森下仁丹のショップが出店されていますが、定期購入で20%オフになる森下仁丹の公式オンラインショップで購入しました。

定期購入でも、数カ月購入し続けなければいけないといった縛りが無いので、安心して利用できます。

注文後2日で到着。早速開けてみると、商品本体と明細書などが入っていますが、チラシの類は一切入っていません。広告のようなものは定期便の案内くらいで好感が持てます。

jintan6

サプリメントはスティック状に包装されており、予想以上の粒の小ささにも驚きました。密閉されているだけあって、臭いもしっかり封じ込められています。

口に入れると、口の中で粒があちこちに散らばります。口に入れた瞬間は味がしませんが、少しするとレモンの味がしてきます。飲んだ後も、口の中にしばらくレモン風味が残っていました。

粒が小さいので手に取りだしてしまうと口に入れずらいですし、口の中で散らばるので舌の下などにも入ってしまい飲み込みにくくなります。

先に口に水を含み、スティックから直接口に入れてしまい飲むのがいいようです。

森下仁丹「DHA/EPA」価格と総合評価

「DHA/EPA」は1箱税込4,752円です。定期購入なら20%オフの税込3,801円で送料も無料になります。有効成分の配合量からも納得の価格と言えます。

1日3包で1,000mgのDHA・EPAが摂れますが、他社のDHAサプリメントに比べてかなり多いので、1日2包にするなど飲む量を調整することもできて便利です。

ただ、個人的には森下仁丹「DHA/EPA」には残念な部分もあるのは言及しておかねばなりません。

「DHA/EPA」は耐酸性カプセルという特殊な構造をしている分、添加物も多く使われています。粒数が多いので全体としてはまとまった量になると想像できます。

jintan2

レモン風味がするので香料が使われているわけですが、せっかく密閉して酸化から守ったり、魚油の臭いを封じ込めたりしているにもかかわらず、わざわざ香料を加える必要はないような気がします。

健康のために飲むのであれば、余計な添加物は極力避けたいところです。

ただ、有効成分の配合量は突出していますし、コストパフォーマンスは良いので、価格重視の人は購入してみるのもいいようです。

DHA
(1日)
900mg EPA
(1日)
100~465mg
定価 4,752円 最安値 3,801円
1日のコスト 約159円 容量 90包
飲みやすさ 顆粒状 返金保証 なし
DHAの吸収性 なし
魚臭さ・口臭 レモン風味
抗酸化成分 耐酸性カプセル

今口コミで売れてるDHAサプリを検証

  • きなり

    サラサラ成分豊富で評価1位
    さくらの森 きなり
    DHA・EPAの十分な配合に加え、クリルオイル、納豆キナーゼなど栄養機能表示された成分を摂取できるサプリです。

  • UMIDHA

    脳に作用する特許を取得
    UMI-DHA・EPAアセチルグルコサミン
    DHA・EPAサプリの中でも、記憶学習に有効とする特許を取得している成分を配合しているサプリ。

  • 大正DHA・EPA

    大手製薬会社のDHAサプリ
    大正DHA・EPA
    大正製薬が作るDHA・EPA配合量の多いサプリメント。鹿児島水揚げカツオの魚油のみを使っているのもポイントです。

スポンサードリンク

sponserlink