DHA課長
100種類以上のDHA・EPAサプリを比較して本当におすすめできるものを検証!

P1130336

ニッスイの「海の元気EPA」を購入して、飲む価値あるサプリか検証していきます。

ニッスイと言えば、水産資源の加工食品でお馴染みでよね。さらに冷凍食品では、様々な食品を販売していて、知らない人はいないというほどの知名度もある会社です。

水産物のスペシャリストですから、EPAやDHAに注目しないわけがありません。1980年代には製薬会社と共同でEPAの研究を始め、1990年代にはすでにEPAを利用した動脈硬化や高脂血症の薬として利用されていました。

そんなニッスイから販売されているEPAサプリメントが「海の元気EPA」です。医薬品レベルのEPA精製技術を持つということなので、純度の高いEPAが配合されていることが期待できます。

実際にニッスイ「海の元気EPA」を購入して、口コミや効果も検証していきます。

ニッスイ「海の元気EPA」の特徴と成分

P1130338

ニッスイ「海の元気EPA」の特徴は、ニッスイのドリンクタイプのEPA配合トクホ認定商品「イマーク」に配合されるEPAを、カプセルにしているところです。

トクホに認定されているので、臨床試験などで裏付けされた効果を発揮していて、それと同等レベルのEPAが配合されているので「海の元気EPA」の効果にも期待できるところです。(注意:「海の元気EPA」はトクホ商品ではありません。EPA等の配合量は「イマーク」に劣ります。)

EPA・DHAの配合量は?

P1130337

EPAやDHA商品で気になるのは配合量です。ニッスイ「海の元気EPA」には、目安量の4粒当たりEPAが332mg、DHAが142mg、合わせて474mg摂ることができます。

1日のEPA・DHA摂取の目標値が1,000mgと言われるので、サプリメントとして補う分が500mg前後であれば及第点といったところです。

ただ、食習慣によって必要量は変わるので、ニッスイ「海の元気EPA」は1日の目安量を4~8粒としていて、あまり魚を食べない人などは多めに摂ることが勧められています。

こだわりの植物性カプセル

EPA・DHAサプリメントのほとんどは、ゼラチンとグリセリンで構成される動物性のカプセルが採用されています。

ニッスイ「海の元気EPA」もソフトカプセルが使われていますが、トウモロコシのでんぷんと海藻成分を主原料とした植物性カプセルが採用されています。

なるべく動物性の脂を減らす配慮がされているというのは、血中脂質量を改善するEPAやDHAを摂る目的に合致していて、細かい配慮がされているという印象です。

気になるpH調整剤

ニッスイ「海の元気EPA」の原材料をみると、pH調整剤という見慣れない成分が配合されています。

pH調整剤は食品のpHを弱酸性に調整し、腐敗を抑える働きのある添加物であり防腐剤の役割を果たしているわけです。

ほとんどのEPA・DHAサプリメントでは見かけない成分なので余計な成分とも感じますが、pH調整剤を配合しなければならないほど純度の高いEPAが配合されているということです。

ニッスイ「海の元気EPA」の臭いや味を検証

P1130339

ニッスイ「海の元気EPA」の臭いや味を、実際に飲んで確認していきます。

密閉性の高いプラスチックボトルに入っていて、開栓した時も臭いはありませんし、手に取ってみても全く臭いません。カプセルはスリムなピーナッツほどの大きさで、私好みの飲みやすいタイプです。少しスリムになっているだけで、飲みやすさがかなり変わるんです。

特徴的なのが、カプセルに弾力性があるところです。カプセルの腹を指で押すとへこむほど、柔らかいカプセルになっています。

口に入れても味は全くしませんが、しばらくした後にげっぷをすると少し魚臭さを感じました。ニンニクのような強烈さはないので、許容範囲ではあります。

ニッスイ「海の元気EPA」の口コミや評判を調査

P1130340

ニッスイ「海の元気EPA」のネットの口コミや評判から、実際に飲んだ人はどのような効果を実感しているのか調べてみました。

ニッスイは「イマークS」という「海の元気EPA」と同様に、EPA摂取を目的としたドリンクタイプの商品があり、実際に効果があったけど「味が馴染めない」、「お値段が高い」、「ドリンク剤より錠剤が持ち運びもいいし飲みやすい」といった理由でサプリメントタイプの「海の元気EPA」に乗り換えている人が多くいます。

水産資源活用のスペシャリストという認知度の高さもあり、「メーカーがニッスイさんというのも、安心できますね」というような安全・安心感で「海の元気EPA」を選らんだという意見も多いです。

実際に飲んでみた効果については、「これを飲んでから中性脂肪が減りました」「飲み始めて、約2か月後の血液検査。中性脂肪 380→100凄いです。」といった中性脂肪について効果的に働いたという意見が目立つ一方、「悪玉コレステロール値が上がった」という口コミもありました。

全体的にみると、期待通りの効果が得られている人が多いですが、あくまでも個人の感想なので、一度試してみるしかなさそうです。ただ、共通しているのは「次の健康診断が楽しみです」と効果に期待してワクワクしているので、これだけでも健康に良いことは間違いないですね。

ニッスイ「海の元気EPA」の価格と総合評価

私は120粒入りの「海の元気EPA」をAmazonで2,220円で購入しました。なぜかAmazonで初回限定という条件で格安販売されていました。いろいろ調べてみると、楽天でも初回限定の格安販売はされていて、2,268円でした。(2016年3月現在)

ニッスイの公式オンラインショップ「海の元気倶楽部」では4,536円と送料がかかるので、かなり格安で購入できました。しかしAmazonは、よく確認しないと初回限定ということが分からないので、注意が必要です。

「海の元気倶楽部」では10日分のお試しが、初回限定で販売されています。こちらは送料無料で900円なので、とりあえず試してみたいという人は、このお試しセットが使い勝手がよくていいですね。

ニッスイ「海の元気EPA」の総合評価ですが、EPA・DHAの配合量や植物性カプセルを使っているところなど、魅力的な商品ではありますが、pH調整剤が気になるところです。

医薬品などの原料としても使われる、高純度のEPAを配合しているからかもしれませんが、サプリメントは医薬品ではなく、あくまでも不足分を補うというのが主目的です。

購入のポイントはpH調整剤

pH調整剤に何が使われているかわからず、物によってはできれば摂りたくない成分もあります。サプリメントは、医薬品のように強制的に効果を発揮させるような必要はなく、その代わり化学物質が使われていないというところがいいところでもあります。

これらを踏まえて、pH調整剤が特に気にならないのであれば、純度の高いEPAを摂ることができるので購入する価値はあると感じます。


今口コミで売れてるDHAサプリを検証

  • きなり

    サラサラ成分豊富で評価1位
    さくらの森 きなり
    DHA・EPAの十分な配合に加え、クリルオイル、納豆キナーゼなど栄養機能表示された成分を摂取できるサプリです。

  • UMIDHA

    脳に作用する特許を取得
    UMI-DHA・EPAアセチルグルコサミン
    DHA・EPAサプリの中でも、記憶学習に有効とする特許を取得している成分を配合しているサプリ。

  • 大正DHA・EPA

    大手製薬会社のDHAサプリ
    大正DHA・EPA
    大正製薬が作るDHA・EPA配合量の多いサプリメント。鹿児島水揚げカツオの魚油のみを使っているのもポイントです。

スポンサードリンク

sponserlink