DHA課長
100種類以上のDHA・EPAサプリを比較して本当におすすめできるものを検証!
野口英世DHAサプリ

野口英世DHAサプリ

DHA配合のサプリメントですが、メイン成分はイチョウ葉という、野口医学研究所の「イチョウ葉&DHA・EPA」を検証していきます。

「イチョウ葉&DHA・EPA」は、米国財団法人野口医学研究所の健康食品「新健康活力シリーズ」として販売されています。世界的医学者である野口英世を称え、国際医学交流の促進を目的に設立された財団法人で、このサプリメントの収益金も、米国財団法人野口医学研究所を通じ、国際医学交流に使われるそうです。

野口医学研究所のイチョウ葉&DHA・EPAは「集中サポート食品」という位置づけなので、高齢に伴う集中力の欠如や、物忘れなどの予防・改善を目的に摂っておきたい成分が多く配合されています。

野口英世と聞くだけで、いかにも効果が見込めそうな気がしてしまいますが、実際に購入して検証していきます。

野口医学研究所「イチョウ葉&DHA・EPA」の全成分を検証

野口英世DHA

「イチョウ葉&DHA・EPA」には、イチョウ葉・DHA・EPAはもちろんですが、他にも聞き馴染みのない成分が配合されています。

それぞれの成分に、どのような働きがあり、「イチョウ葉&DHA・EPA」に配合される意味があるのか、というところを見ていきます。

血流改善・認知症予防が期待できるイチョウ葉エキス

イチョウ葉エキスに含まれる、特徴的な有効成分は2つあり、フラボノイドとギンコライドです。

フラボノイドは、種類によって様々な作用がありますが、イチョウ葉エキスに含まれるフラボノイドには、血液循環への効果が高いとされる特有成分が多く含まれています。

具体的には、血管を構成するコラーゲンやエラスチンといった成分の酸化を抑え、しなやか血管を保つ働きがあります。そのため、動脈硬化を防ぎ、健全な血流を保つのに効果的と言えます。

さらに、脳内の神経細胞を調整し、記憶・学習・認知機能に影響を与えることも、近年の研究で分かっています。

もう一つの有効成分ギンコライドは、イチョウ葉エキスだけに含まれる特有成分で、強力な抗酸化作用と、血小板の凝集を防ぐ作用があります。

抗酸化作用により、脳内細胞の酸化を防ぎ、血小板の凝集を抑えることで血栓を予防し、健全な血流を守る働きに期待できます。

イチョウ葉エキスの強力な抗酸化作用は、DHAやEPAの成分を酸化から守ってくれますし、血液や血管を健全に保つ働きがあるので、DHA・EPAとの相乗効果が期待できます。

脳の情報伝達を高めるホスファチジルセリン含有大豆レシチン

野口英世DHA

ホスファチジルセリンは聞きなれない成分ですが、情報伝達に大切な成分のため「脳の栄養素」とも言われています。

ホスファチジルセリンは、脳内で神経伝達物質の分泌量を増やす働きがあり、神経細胞間の情報伝達システムの維持や改善が期待されます。

また、ホスファチジルセリンを含んでいるレシチンは、人間の細胞膜を構成する主成分で、脳神経系などにも多く存在しています。神経伝達物質の材料としても利用され、学習や記憶などの刺激の伝達に関わっています。

DHAやEPAなど、脳の栄養を補う成分と一緒に摂取すると、効率よく効果が見込めると言われているホスファチジルセリンなので、「イチョウ葉&DHA・EPA」のようなサプリメントに配合されるのは、理にかなっていると言えます。

ホスファチジルセリンのこれらの効果が認められた研究では、1日100mgや300mgを1ヶ月以上毎日摂取しています。「イチョウ葉&DHA・EPA」には、5mgしか配合されていないので、過度な期待は禁物です。イチョウ葉やDHA・EPAなどと共に、相乗効果を得られる成分として、認識しておく方がいいですね。

脳循環代謝を向上させるビンカマイナーエキス

ビンカマイナーエキスは、つる性の植物から抽出したエキスで、赤血球を柔らかくしたり、血小板の凝集を抑えることで、血液循環を高める働きがあります。

特徴的なのは、アセチルコリンという神経伝達物質の生成や、受容体の能力向上などに作用することで、神経機能の向上や改善が期待できます。

ビンカマイナーエキスも、DHAやEPAとの相乗効果が期待でき、血液循環を良くすることで脳循環代謝も良くなり、神経機能の向上や改善が見込めます。

野口医学研究所「イチョウ葉&DHA・EPA」の成分評価

P1130287

「イチョウ葉&DHA・EPA」に配合されている、その他の成分を確認していきます。

ゼラチンとグリセリンはカプセルの成分。ミツロウは油と粉末が分離しないように、ペースト状にして成分の均一化をするために加えられます。ビタミンB12は神経細胞内の表面にある脂質膜の修復や合成に関わります。

合成着色料や保存料は使われていません。

野口医学研究所の「イチョウ葉&DHA・EPA」は、「集中サポート食品」と言うだけあって脳に到達できる成分がしっかり配合されています。脳は非常にデリケートなので、必要な成分かどうか脳の手前でふるいにかけられ、脳に入り込める成分は限られています。例えばEPAも、そのままでは入り込めないようになっています。

DHAとEPAの配合量は合計しても106mgと少ないくらいですが、その代わり、しっかり脳に届く成分との相乗効果が見込める成分配合になっている商品ですね。

「イチョウ葉&DHA・EPA」を実際に飲んで臭いや味を検証

P1130290

「イチョウ葉&DHA・EPA」を購入したので、臭いや味などを検証していきます。

化粧箱から取り出すと、ちょうど片手に収まるくらいのビンのボトルです。蓋を開けて臭いを嗅いでみると、濃い醤油のような臭いがします。1日2粒が目安量なので、手にとって臭いを嗅ぐと、かすかに臭いが残ってますが、気になるほどではありません。

イチョウ葉エキスがメインのサプリメントなので、普段飲み慣れているDHAサプリメントと違い、色はビターチョコレートのような茶色をしています。着色料などは加えられていないので、イチョウ葉エキスなどが混ざった天然の色のようです。大きさも細身の大豆といったところでしょうか。

P1130291

口に入れても味は無く、舌触りがハードカプセルのような無機質的な感じではないので少し甘く感じられます。

カプセルが細身になっているおかげで、飲み下しも喉に引っかかることもなく飲みやすいです。

日々飲むものなので、臭いや味が苦手なものだと挫折してしまうことが考えられますが、そのような問題は「イチョウ葉&DHA・EPA」にはないですね。

野口医学研究所「イチョウ葉&DHA・EPA」の価格と総合評価

私は利便性から、Amazonで税込2,086円で購入しました。

野口医学研究所「イチョウ葉&DHA・EPA」は、製造が明治薬品という製薬会社です。明治薬品のサイトにも製品情報が掲載されていますが、直接販売は行っていないようなので、ネットで購入できる最安値を探してみました。

野口医学研究所「イチョウ葉&DHA・EPA」の最安値は?

税込・送料込で最安値を探してみました。(2016年2月現在)

  • 希望小売価格 税込2,786円
  • アマゾン 2,086円
  • 楽天 2,388円
  • 野口医学研究所サプリメント公式サイト 2,786円

野口医学研究所サプリメント公式サイトでは、「本商品の収益金は米国財団法人野口医学研究所を通じ、国際医学交流に使われています。」との記載があったのですが、化粧箱にも同様の記載があるので、公式サイトで購入しなくても協力は可能なようです。

楽天やアマゾンなどは、価格の変動も激しいのですが、Amazonでの購入が最安値でした。

野口医学研究所「イチョウ葉&DHA・EPA」の総合評価

野口英世DHAサプリ

野口医学研究所「イチョウ葉&DHA・EPA」は、純粋にDHA・EPAだけが配合されているサプリメントに比べ、脳に届く成分が多く配合されていて、脳内の神経細胞の活性化が見込めるサプリメントです。

物忘れやちょっとしたど忘れが最近気になる、集中力が持続しないなんて人は、情報伝達がうまく働いていないことも考えられるので、「イチョウ葉&DHA・EPA」のような配合成分が役立ちそう。

DHAやEPAのような、血液中のコレステロールや中性脂肪に働きかける成分は少ないですが、強い抗酸化作用のある成分や、血小板の凝集を抑える働きのある成分も含まれるので、DHAやEPAとの相乗効果で血流の改善にも効果的に働いてくれそうです。

ただ、脳は本当にデリケートです。神経伝達に効果が期待できるからと、過剰に摂取するのは禁物です。用法や用量はしっかり守るようにしましょうね。


今口コミで売れてるDHAサプリを検証

  • きなり

    サラサラ成分豊富で評価1位
    さくらの森 きなり
    DHA・EPAの十分な配合に加え、クリルオイル、納豆キナーゼなど栄養機能表示された成分を摂取できるサプリです。

  • UMIDHA

    脳に作用する特許を取得
    UMI-DHA・EPAアセチルグルコサミン
    DHA・EPAサプリの中でも、記憶学習に有効とする特許を取得している成分を配合しているサプリ。

  • 大正DHA・EPA

    大手製薬会社のDHAサプリ
    大正DHA・EPA
    大正製薬が作るDHA・EPA配合量の多いサプリメント。鹿児島水揚げカツオの魚油のみを使っているのもポイントです。

スポンサードリンク

sponserlink