DHA課長
100種類以上のDHA・EPAサプリを比較して本当におすすめできるものを検証!

亜麻仁油とDHA

DHA亜麻仁油はどちらも優れた働きをするオメガ3系と呼ばれる油ですが、働きや効果はどうなんでしょうか。

ここではDHAと亜麻仁油を比較して、どちらが人の体に優れており効果的なのかを検証してみます。

似ているけど違うDHAと亜麻仁油

DHAを摂取している方の中には、亜麻仁油をご存知の方も多いと思います。

近年、マスコミで亜麻仁油が紹介され美容にも良いという事で多くの女性が愛用していますが、すでに亜麻仁油を使っている芸能人やモデルの方も多いようです。

まず亜麻仁油に含まれているオメガ3系のオイルというのがαリノレン酸というもの。αリノレン酸は体内に吸収されると、EPAに変換されます。EPAはDHAを合成する元にもなるので、αリノレン酸を摂取することで、体内で合成できないDHAやEPAを補うという図式が完成します。

dha-or-amani

決定的な違いとしては、DHA・EPAを直接摂取するか、αリノレン酸という形で取り入れるかという違いが出てきます。亜麻仁油そのものにはDHA・EPAは含まれていませんが、体内で変化することでDHA・EPAの効果を享受できるということになりますね。

亜麻仁油を摂取することのメリットとデメリット

亜麻仁油のメリットは、魚が苦手な人でもオメガ3を手軽に摂取できること。生臭さがなく、サラダのドレッシングなどで気軽に取り入れられるので、毎日食べるのに向いています。

亜麻仁油には食物繊維も豊富であり、腸内環境を整える効果や、ポリフェノールの一種であるリグナンを含むなど、美容を目的とする女性にはぜひ取りたい成分が豊富に含まれています。単純にDHA・EPAと比べた場合には、複合的に摂取できる栄養素が豊富であり様々な効果を期待できるメリットはあります。

デメリットは大量に食べるのは難しく、DHA・EPAを必要量効率よく摂取できているかどうか?というと疑問が残るからです。体内に取り入れたαリノレン酸が、どれだけDHA・EPAに変換されるかというデータや文献は見つからず、どれだけ効果が出ているかという指標が曖昧なところ。

DHA・EPAを効率よく摂ることを考えた場合には、魚を食べるかサプリメントなどで補うことに勝るものはないということです。

亜麻仁油もDHAも期待できる効果としては同質

亜麻仁油は効果の作用としてはDHAと同じで、アレルギーの症状を抑えてくれる効果が期待されています。DHAは、アレルギーの症状であるかゆみなどを抑えてくれる働きがありますが亜麻仁油も同じなんです。

参考:αリノレン酸に期待できる効果

このアレルギーを抑えてくれるのが亜麻仁油の中に含まれるα-リノレン酸という必須脂肪酸の一種です。これによりアトピー性皮膚炎にも亜麻仁油は良いと言われているんです。

DHAと同じく亜麻仁油にも病気の予防効果があります。DHAは、コレステロール値を下げ、新造形の病気や血管系の病気、脳関係の病気を予防します。亜麻仁油も同じく血圧の上昇を抑え、動脈硬化や高血圧の予防にも良いのです。

また、血の流れを良くしてサラサラに変えてくれるので身体の色々な不調を改善する事も可能なんです。さらに脳の働きを良くし記憶力もアップさせる力が亜麻仁油にはあると言われています。

その上、亜麻仁油の美容効果は絶大です。保湿効果や美肌効果がとても高いのでモデルさんや有名芸能人がこぞって使っているのが亜麻仁油なんです。そして最後になりますが、ダイエットや便秘改善にも亜麻仁油は効くというから驚きです。下手なダイエット食品を食べるより亜麻仁油が良いという人さえいるのです。

その他の亜麻仁油に期待できいる働き

癌の予防や慢性疲労の改善、免疫力向上、抗炎症作用、不妊の改善、更年期障害の改善、精神安定の向上などです。こんなに亜麻仁油はスゴイ油ですが、DHAの様に有名ではなく知らない人の方が多い位です。まさにDHAの働きとほぼ変わらない位優秀な油です。

オメガ3のDHAと亜麻仁油を効率よく摂取するために

同じオメガ3のDHAと亜麻仁油、どちらを摂取した方が効率的で良いのでしょうか。DHAと亜麻仁油は、ほとんど同じような働きをすることが判っていますが、魚の油と植物の油という事で原料が違います。

やはりDHAを食べ物で摂取しようと思うと魚を食べないわけにはいきません。DHAを摂取するのには刺身が良いのですが、中には刺身が食べられない人もいます。焼いても煮てもDHAが取れないわけではありませんが、刺身に比べると2割程DHAが減るという事になります。

魚以外からでは、缶詰からもDHAが取れることが判っています。しかし、刺身も焼き魚も煮魚も缶詰もダメという人は、亜麻仁油がおすすめです。

亜麻仁油は、DHAと同じような働きを持っていてとてもいいのですが、ただ一点だけ難しい部分があります。それは、亜麻仁油を加熱してはいけないということです。亜麻仁油は、炒め物や揚げ物など加熱で使うとかえって体に悪い油になってしまいます。亜麻仁油本来の効果も失ってしまいますので気を付けなければなりません。

劣化を防ぐためには、そのまま亜麻仁油を使うしかありません。例えば、ドレッシングの材料として使ったり、納豆に亜麻仁油を加えて食べるのもおすすめです。生で亜麻仁油をどれだけとれるかで健康的にダイエットもできますし体に負担やストレスをかけることもありません。

ただし、やはり魚からDHAを取るより亜麻仁油は成分が少ないのが難点です。いっぱい亜麻仁油を取ればいいというわけでもないので魚も食べた方が良いです。できれば、DHAと亜麻仁油どちらも取られた方が効果的ですので、ぜひ活用して健康になってください。


今口コミで売れてるDHAサプリを検証

  • きなり

    サラサラ成分豊富で評価1位
    さくらの森 きなり
    DHA・EPAの十分な配合に加え、クリルオイル、納豆キナーゼなど栄養機能表示された成分を摂取できるサプリです。

  • UMIDHA

    脳に作用する特許を取得
    UMI-DHA・EPAアセチルグルコサミン
    DHA・EPAサプリの中でも、記憶学習に有効とする特許を取得している成分を配合しているサプリ。

  • 大正DHA・EPA

    大手製薬会社のDHAサプリ
    大正DHA・EPA
    大正製薬が作るDHA・EPA配合量の多いサプリメント。鹿児島水揚げカツオの魚油のみを使っているのもポイントです。

スポンサードリンク

sponserlink